MENU

キャリアカウンセラー資格ガイド|なるにはどうすればいい?

キャリアカウンセラーの資格を取得するには?

厚生労働省の指針に従っている講座を修了

キャリアカウンセラーとは、面談によって相談者の能力を発揮できる職業を紹介する専門家です。

 

原則的に有資格者となっており、厚生労働省の指針に従っている講座を修了後、試験を受けて合格する必要があります。

 

民間資格がいくつか存在しているので、どの資格を取得するのかを選ばなくてはいけません。

 

民間資格は、主催している団体によって教え方が異なります。それぞれ得意としている分野があるので、自分が通いやすいかどうかも含めて、慎重に検討しましょう。

 

講座受講などに際しては、社会人経験3年以上といった条件が設けられているから、合格までの段取りを取り寄せた資料などでしっかり調べておくべきです。

 

信頼性のある国家資格への移行段階

厚生労働省は、キャリアカウンセラー育成に大きな関心を寄せており、2016年4月頃から国家資格へ移行する予定です。

 

大本である厚生労働省が音頭を取ることで、乱立した民間資格を統一して、キャリアカウンセラーの価値と信頼性を高めるのが目的となっています。

 

民間資格の取得者は、厚生労働省が新資格に相当すると認めたものについてのみ、合格者として扱われます。

 

どの民間資格でも新資格へ移行できるわけではないので、これから受講する方は厚生労働省の公式情報も確認しておきましょう。

 

入念な下調べを行っておけば、貴重な時間とお金をムダにせずに済みます。

 

キャリアカウンセラーのニーズは大きい

終身雇用と年功序列が消え失せた今、キャリアカウンセラーのニーズは高まる一方です。

 

自分に合った仕事を一人で探すのは困難であり、プロのアドバイスを必要とする方が大勢います。遣り甲斐という意味でも、群を抜いている職業です。

 

自分の実績と知名度によっては、独立開業も視野に入ります。中には芸能人のように、メディア出演を多く行っている方も見られるのが特徴です。

 

士業ではないのですが、事務職としては独立性が強く、近似したポジションにあります。

 

独立開業した場合は、自分で事務所を構えて、個人の相談者を受け付けるスタイルです。国家資格へ移行完了すれば、有資格者の信頼性はますます高まるでしょう。

更新履歴